相鉄線・鶴ケ峰駅で人気の学習塾・進学塾(小中学生対象)湘南ゼミナール 小中部 鶴ケ峰白根教室

先生からのメッセージ

2019年1月 先生からのメッセージ⑪

2019.02.01

こんにちは。鶴ヶ峰白根教室の片倉です。

早いものでもう2月。湘南ゼミナールでは現小学生は新学年として新たな学習をスタートしました。

そしてなにより、神奈川県公立高校入試日まであと2週間を切りましたね。同時に中2・中1生もまた、学年末試験まであと2週間を切り、中3生はもちろんのこと、中2・中1生、そして私たち講師も悔いを残さぬよう、決戦の日に向けた最後のスパートをかけているところです。

さて、そんなタイミングですが、いやむしろそんなタイミングだからこそ、

改めて効率の良い勉強についてまた少し話をさせていただきたいと思います。

受験生の直前期科目別勉強法などの詳しいところはコチラに譲るとして、

今回は丸つけ(答えあわせ)の仕方についてです。


まずは学校のワークを例に考えてみましょう。次の3つのうち、最も学力が上がりやすい丸つけのやり方はどのやり方でしょうか。

1、提出範囲をすべてやり終えてから、提出日直前にまとめて丸つけをする。

2、その日の勉強の最後や単元が一通り終わるなどきりの良いところで丸つけをする。

3、1問ごとや大問1つごとに丸つけをする。

答えはもちろん3番のやり方です。


3番のようなやり方でやる子ほど成績は伸びやすくなります。


というのも、ワークやプリントなどの宿題や演習として使われる教材は、基本的に知識の定着や理解のための「類題(同じような問題)」がたくさん載っている構成になっています。


つまり1番目のやり方はもちろん、一見良さそうな、"普通"の丸つけをしている2番目のやり方でも、理解や定着が不足していたり間違った解き方をしてしまっている場合、最後に丸つけをするまでそれに気付けないため、類題をいくら解いても、不正解の問題が増え続けるだけになってしまいます。

逆に3番目のようなやり方ならば、間違いに早い段階で気付き、解答や解説を確認してそれを改善することで、後半の問題ほど正解が多くなっていきます。

こうすることで「わからない」感も軽減できますし、まさに宿題をやりながら成長していくことになります。


このように、丸つけのような些細に思えることでも、

やり方次第で成果は大きく変わってくるんです。

私達湘南ゼミナールでは、科目ごとの授業だけでなく、効果的な勉強のやり方などについても話をしたりアドバイスをしながら日々改善していきます。

頑張っているのに成果が出ない。頑張り方がわからない。そういったことでお悩みの方も、ぜひ一度、この機会に体験授業を受けてみてください!

詳しくはコチ

湘南ゼミナール鶴ヶ峰白根教室

片倉遼太

TEL:045-955-3094

最新の記事一覧

ご相談受付中!

時間割・カリキュラムや費用についてなど、何でもお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせはこちら
045-955-3094 湘南ゼミナール 小中部 鶴ケ峰白根教室

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン