【高校受験】相模原市 横山・横山台・小町通・清新で人気の塾湘南ゼミナール 小中部 横山教室

先生からのメッセージ

令和3年(2021年)神奈川県公立高校入試講評

2021.02.15

<英語>講評...全体の難易度は昨年より易化

 全体の問題構成や形式、配点は昨年度入試を踏襲している。令和3年度学力検査の出題範囲への対応として、リスニング以外のすべての問題に語注がつけられた。ページ下部に注がついたことにより、注の語を探すことが例年よりも容易になった。図や表を多用した英文が多く出題され、読解力が試されることは例年と変わらない。全体の難易度は、昨年度と比較すると易化したと考えられる。

1のリスニング問題では、質問文に対して質問文で答えるなど、より自然なやり取りが問われた。
2の英単語を記述する問題は、過去7年間で形式に変更はない。
3の文の空所を補う文法問題は、基本的な時制や文型を問う問題が出題された。
4の並べ替え問題の(ウ)は、日本語訳が想像しにくく、前置詞thoughの後ろに必要な名詞を置くことができなかった受験生も多かったと考えられる。
5の返答の文から質問文を考える英作文問題では、dodidを使った疑問文に慣れている場合、How many+複数形の句が主語になる疑問文の正答を導くことが難しかった可能性がある。
6はグラフを使った読解問題。語数は550語程度で、昨年度と比較するとやや減少した。英文内容は食品ロスに関するもので、環境関連の文章が4年連続で出題されている。空所補充など、出題形式に変更はない。
7は図表を使った読解問題。語数は460語程度で、昨年度よりも増加した。文章から内容を的確に読み取れれば、正答を導くのは容易であった。
8は対話文の読解問題。語数は750語程度で、昨年度よりも大幅に減少した。話者が多いことが神奈川県入試の特徴である。(ウ)の内容一致の問題では、主語の誤りや言い換え表現に気付くことができたかどうかがポイントであった。

 以前から大学入学共通テストを意識した問題が出題されている。また、来年度から新学習指導要領が中学校でも始まり、それに伴った入試の変化も予想される。だが、4技能の根幹となる単語や文法の学習が重要であることは変わらない。全面改訂される新しい教科書をもとにした丁寧な学習を心がけたい。

 

<数学>講評...昨年よりやや易化

 昨年と比べ、相似や三平方の定理の出題が少なくなり、設問の難易度はやや易化したといえるが、例年出題のない折れ線グラフや水そうの問題などに戸惑った受験生も多いだろう。

1の計算では、難易度に大きな変化は見られなかった。
2の小問集合では、中3履修内容の基本的な問題が幅広く出題された。
3では、出題内容が大きく変化した。(ア)では、近年にはない合同の証明が出題された。(ア)の(ii)では、面積比から線分の長さを求めるために正確な計算処理が必要となる難易度の高い問題が出題された。(イ)では、母数の異なる2つの折れ線グラフから正確に情報を読み取る問題、(ウ)では、水そうに水を満たすときの時間と水面までの高さとの関係を問う問題、(エ)では、割合を用いた連立方程式の文章題が出題された。
4の関数の(ウ)では、三角形と四角形の面積が等しくなるときの座標を求める問題が出題された。点Dと点Eを結び、台形と線分比を利用すれば求めやすくはなるが、実際に面積を求めていく解法の過程では分数を伴う計算処理が必要とされた。
5の確率では、正しく条件を読み取り、表などを用いて可視化し、もれなく書き出すことが重要である。
6の空間図形では、円錐が出題された。(ア)では体積、(イ)では表面積を求める標準的な問題が出題された。(ウ)では、例年必要とされた複雑な計算処理はないものの、展開図から点Dの場所を求め、点Dを通る底面に平行な面で切断した円錐として捉え直すという難易度の高い処理が必要となる。

 今後は、学年・単元に偏りなく学習し、教科書の巻末問題や全国都道府県の入試問題など、様々な出題傾向の問題に触れておきたい。

 

<国語>講評...難易度は例年並み

 全体の大問構成や問題形式は例年通りであった。難易度も例年通りで、比較的解きやすいものだった。

1の漢字は、(イ)のC3の「細則」がやや難しめであったが、他の漢字の読み取り・選択は易しかった。
2の古文は、昨年と同様に文意がつかみやすいものであった。選択問題は根拠が明確で、解きやすいものであった。
3の小説は、江戸時代の話であるが、時代的な古さによる読みにくさはなかった。会話文が多く、かつ心情が丁寧に描写されているので、読み取りやすいものだった。選択問題では、本文の根拠を言い換えたものが少し難しいものであるものの、全体的には解きやすいものであった。
4の論説文は、「インターネットと書籍における情報と知識」に関するもので、読み取りやすいものであった。問題は、(イ)や(ク)が少し難しいものであるが、全体的には解きやすいものであった。
5の資料問題は、身近な環境問題を扱ったもので、内容として理解しやすいものであった。(イ)の条件作文は、問題内容を把握し、会話文から適切な情報をつかみ、グラフから読み取れることを記述するという解法を用いれば、短時間で答えを出すことができたであろう。

 神奈川県の入試では、これまで同様に文章読解力、時間内に解ききる情報処理能力、解答力を高める必要がある。神奈川県入試を意識しつつも、全国都道府県の入試問題を解き、様々なパターンに慣れておくことが重要である。

 

<理科>講評...難易度は昨年並み

 全体の大問構成や問題数などは昨年と変わらず、ここ数年の難易度と比較して大きな変化は見られなかった。だが、斜面を登る物体の運動、アサガオの花弁や葉の形など、見慣れない現象や名称が出題されたため、冷静に情報を把握する必要があった。

1・問5の物理分野では、問5の運動の単元の難易度が高かった。問5の(ウ)は、どのテープから力がはたらかなくなったのかの理解が必要であった。(エ)では、斜面で静止している台車に対して力を加えるとどのような運動となるか、また、そのときに物体にはたらいている力同士の関係はどのようなものになるかを、正しく判断することが正解への手がかりだった。
2・問6の化学分野では、問6の水溶液の単元で差がついたと思われる。問6の(ウ)と(エ)は、「飽和」「何°C」「何グラム」について問題文とグラフから情報を収集し、数値を丁寧に処理することが求められるものであった。
3・問7の生物分野では、知識を確実に定着させることで正解できる問題が多かった。一方、問7の(エ)の遺伝と形質の問題は、やや難解で、表から確実に実験結果を読み取り、仮説を導く必要があった。
4・問8の地学分野では、問4の(ウ)の棒の影の問題は、天体の内容を隅々まで学習する必要があるものだった。問8の(イ)は、前線と雲画像を一致させる問題で、図だけではなく問題文の情報も読み取った上で考える必要があったため、戸惑った受験生も多かったのではないだろうか。

 今後の対策としては、教科書内容の知識を理解するだけに留まらず、グラフや図が何を意味しているのかまでを考察し、理解する必要がある。問題文の分量が非常に多いため、普段から必要となる情報に線引きをするなど、正しく素早く情報収集をする習慣を身に付けたい。

 

<社会>講評...昨年よりやや易化

 全体の大問構成や問題形式は昨年度と同様であった。難易度はやや易化した。基本的な知識を問う問題のほかに、資料を読み取る問題、割合に関する問題などが出題された。

1・問2の地理は、基本的な知識とともに資料を読み取る問題が多く出題された。特徴的であったのは問1の(オ)。国の位置の知識を前提として、資料から問われている内容を判断する複合的な問題であった。
3・問4の歴史は、歴史の流れや語句内容を理解していれば解ける問題が多く、特に文化や産業に関する問題が例年より多く出題された。
5・問6の公民は、正誤問題が中心で、正確な知識に基づいて丁寧に選択肢を吟味する必要があった。正しく文章を理解すれば比較的解きやすい問題であった。

7は、昨年同様、地理・歴史・公民の融合問題が出題された。日本地図の知識や時代区分に関する問題、司法権の独立を正しく説明する記述問題もあり、社会科を学習する上での基本的な原理・原則が問われたともいえる。


 今後の対策としては、教科書の知識を定着させることはもちろん、語句を正しく説明できるようにすることを普段から意識して学習するとよい。また、様々な問題パターンに慣れるためにも、神奈川県以外の全国都道府県の入試問題を解くことも重要である。

 

湘南ゼミナールへの入塾を検討するための体験授業、随時受付中です。お気軽にお問合せください。

平成16年(2004年)開校、令和3年(2021年)で17周年。相模原市 中央区 横山、横山台、小町通、清新、中央地域で生徒にとってNo.1の学習塾を目指します!

  

湘南ゼミナール小中部 横山教室 ℡:042-730-3062

●対象学年:小4~中3 国私立・公立高校受験指導(集団指導の学習塾です。)

●清新中学校、相模原高校から徒歩5分、日金沢上(ひがねざわうえ)バス停近く、家電量販店nojimaさん隣り

●受付:14:00~18:30 日曜・月曜はお休みです。左記時間内でも、スタッフが授業や面談に入っており、お電話に対応できないことがあります。留守電にご用件をお伝えください。何卒、宜しくお願いします。

最新の記事一覧

ご相談受付中!

時間割・カリキュラムや費用についてなど、何でもお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせはこちら
042-730-3062 湘南ゼミナール 小中部 横山教室

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン