南行徳中・福栄中・塩浜学園・浦安中で成績UP!! 南行徳の塾湘南ゼミナール 小中部 南行徳教室

先生からのメッセージ

2022年度千葉県公立高校入試講評

2022.03.03

湘南ゼミナール千葉の教務責任者が作成させていただいた、2022年度千葉県公立高校入試講評を掲載いたします。
ぜひ、お手元や掲載された実際の問題を参照しながらご確認いただけますと幸いです。


<国語>

「読解力だけでなく問題や選択肢の吟味も求められる入試へ」

〈総評〉前年よりやや難化

大問としての変化はないが、40字程度の記述がなくなった分、選択肢が減った。
ここ数年の傾向である「解法だけでなく読解力が求められる入試」とともに「問題文や選択肢の読み込み」も重要視されている。顕著なのは大問6の(1)。過去問等で勉強していた生徒に対してケアレスミスを誘う問題が数問出題された。出題内容についても難易度は上がってはいないが、文章・問題・選択肢の読み込みが求められた分、得点に差が出ることが予想される。平均点は昨年より下がる予想。50点前後に落ち着くと思われる。

大問1「聞き取り」:標準

出題方法等に大きな変化はなし。問題の難易度も例年通りと言えるだろう。

大問2・3「漢字」:応用

読みについては「朗詠」「陶冶」など聞きなじみのない言葉が出題され、勉強の成果が表れる問題となった。
書きについては「旧態(依然)」の正答率が低いと予想される。四字熟語の難易度はここ数年上がっているため、語彙力や学習量で差が出る問題となった。

大問4「論説」:応用

文章は段落ごとの役割も明快で、読みやすく理解しやすい内容。
(2)Ⅱについては空欄の前後から答えを探し出す力が求められる。
(4)はここ数年では見られない出題形式。文章中の言葉ではなく、文章を理解した上で回答しなくてはいけない。
そして条件も多く、整理して答えを導く思考力が求められた。

大問5「小説」:応用

こちらも文章自体は読みやすかった。(2)では、問題文の読み込みが求められている。(5)は昨年度同様、文章について話し合いを行う問題。そして25文字以内の形式指定の問題が出題された。2年前から文章読解力を求める問題が増えている。Ⅰ・Ⅱはそこまで難しくないがⅢの記述は最後の4行から読み取れること、すなわち文章中から自分で記述する問題となっているため、形式的な解法だけでは答えが出ないと思われる。

大問6「古典」:標準

(1)は「漢字以外の部分」を仮名遣いに改める問題。ここでケアレスミスをしている生徒が出てくる可能性がある。(5)(a)は去年には見られない一二点を使う問題が出題。(b)は指定語句を使って記述する問題。去年よりは難易度が高いが、その他の問題が易しいため、大問としての平均点は高いと予想。

大問7「作文」:基礎

データではなく対話から考えを述べる作文。しかし内容が身近であり、やりとりもわかりやすいため書きやすい文章となった。答えが大きくぶれる生徒は少なかったのではないか。

【執筆】

鈴木徹(湘南ゼミナール我孫子教室/湘南ゼミナール千葉 国語科コンテンツリーダー)

【監修】

石井隆雄(湘南ゼミナール船橋教室)

<数学>

「出題形式が大幅変更。冷静に対処できたかがカギ。

新傾向問題は出題形式や配点で受験生に配慮か。」

〈難易度〉前年よりやや難化

〈総評〉県立入試制度変更2年目、大方の予想通り難化し、その幅は想定以上であった。

過去数十年続いてきた大問5問構成から大問4問へ、総問題数も20問から25問となった。新しい学習指導要領の内容である『四分位範囲と箱ひげ図』からの出題、大問4の対話文形式の新傾向問題を筆頭に、受験生の初見の問題への対応力が試された。学力はもちろんだが、入試会場でいかに冷静に対処できたかも合否を分ける大きな要因になりそうである。日ごろの学習からパターン演習のみならず、様々な形式の問題にチャレンジする姿勢を養っておきたい。

大問1「計算」:基礎~標準

昨年度の大問1・2が統合した形での出題となった。総問題数が11問から13問に増加したにも関わらず、配点も55点から51点に減少した。『四分位範囲と箱ひげ図』の(3)をはじめ、新傾向の出題内容の4問については、①②と段階を踏ませて解答する形式であった。初見の問題を出題しつつ、どの学力層の受験生にも配慮したものと推察される。形式が大幅に変わったとはいえ、出題レベルは定期試験頻出問題が中心。教科書をベースに学習していれば全問正解を目指せる内容であった。

大問2「関数」:標準~やや応用

大問1・2が統合された結果、繰り上がる形で、例年大問3で出題されてきた関数が大問2で登場した。(1)は比例定数を(2)は直線の式を求める問題。過去問通りの形式・内容であったため、確実に得点したい。(3)は関数の内容でありながら、合同・相似など図形の視点が要求され、トップ校受験生ですら得点できる生徒の方が少数派であろう。全県正答率もかなり低いと予測される。

大問3「平面図形」:基礎~標準

変化の多い今年度の受験にあって、この大問3だけは受験生が安心して取り組めたかもしれない。図形はいささか見慣れないものの、設問自体は過去問よりかなりシンプル。難易度も昨年度より易化した。レベル的に取り組みやすくなった反面、昨年度は最終問題を解くための図が与えられていたが今年度はなくなった。条件に合うように図を可視化しなおす必要があり、その精度が得点できたかできなかったのかを大きく左右するだろう。日ごろの学習から手を動かす習慣、図を可視化するくせをつけておきたい。

大問4「新傾向問題」:標準~応用

今年度入試で最も変化が大きかったのは間違いなくこの大問4(旧大問5)であろう。昨年度までは規則性の問題が出題されることが多かったが、今年度は動点の問題を対話文形式で進める内容であった。設問が5題ある中で、(3)までは確実に得点したい。(2)は弧CQの長さがyのため、グラフの切片が0にならないところに気を付けたい。xの変域が0以上30以下である条件とあわせて、確実に落とし込んでから解き始める必要があった。(3)は3点O、P、Qがはじめてこの順に一直線上に並ぶ状況を『QとRが出会う』と言いかえることができるかがカギ。そこまで行ければ基本的な旅人算の内容であった。(4)は(3)までの内容を踏まえて取り組めたかが点差に繋がるだろう。解法が複数あり、最短で解答まで到達できる思考・試行を行いたい。最終問題である(5)は今までのプロセスを踏まえたうえで動点P、Qが作る中心角を求めさせる問題。条件を正確に分析したうえで図形の知識まで求められる良問である。1つ1つのプロセス自体は平易なものの、手順が多く解答できる受験生はごく少数であろう。

【執筆】

栗山太一(湘南ゼミナール千葉 御三家特訓講座責任者)

【監修】

中野翔(湘南ゼミナール西船橋教室/湘南ゼミナール千葉 数学科コンテンツリーダー)
阿部大(湘南ゼミナール我孫子教室)
松田進之介(湘南ゼミナール柏の葉キャンパス教室)

<英語>

「より読解力重視の入試へ」

〈難易度〉前年よりやや難化

〈総評〉昨年度から試験時間が60分に延長され、今年度は読解量が増えたが、大問数や聞き取りの時間、問題形式はほぼ変わっていなかったため、受験生は比較的余裕をもって解くことができたであろう。配点もほぼ例年通りで、少し長めの記述には4点が割り振られ、学校ごとの裁量で部分点も認められている。問題形式においては問7の「短文2題・図表に関する問題1題」が「長文1題・図表に関する問題1題」に変更された。全体的に長文の分量や読解に必要な語彙数が増えているため、昨年よりも難化したと考えられる。来年度も志望校合格のためには過去問演習が最も有用であるが、高得点を狙うには早期から語彙力・読解力を鍛えていくことが必要であろう。

大問1~大問4「リスニング」:標準

昨年同様の形式であるが、今年度の問2のように対話文の内容を正確に聞き取らないと正答を導き出すことができない問題も増えているため難易度は上がってきている。リスニング力は一朝一夕には身につかないので、早期から過去問での問題演習は必須であろう。また問4では「同義文完成」に近い問題が必ず1問出題されるため、「同義文完成」の練習も有用であろう。

大問5「文法(語形変化・語順整序)」:基礎

昨年同様の形式。ここ数年、文法問題は平易であり、教科書の基本内容がほとんどである。語形変化では、必ず出題される「動詞」は昨年同様の「過去形」であったが、もう1問はまれに出題される「品詞の転成」であったため戸惑った受験生も多かったであろう。語順整序は「疑問詞」「受動態」「間接疑問」の基礎的内容で取り組みやすいものであった。2年連続で「疑問詞」「受動態」に関する問題が出題されているので、これらの文法は必ず押さえておくべきであろう。

大問6「条件英作文」:基礎

昨年同様の「4コマ漫画形式」であり、語数も同様に「25語程度」であった。今年は「道案内」という教科書で必ず扱うシチュエーションであったため、昨年よりも書きやすい内容であった。教科書に載っている「場面ごとの会話表現」を覚えることが最も有用であろう。

大問7「長文読解」:標準

昨年までの「短文2題・図表に関する問題1題」から「長文1題・図表に関する問題1題」に変更された。問題数は昨年同様のため配点に変更はなかったが、文章の単語数が増え、平易であった適語選択の問題がなくなったため、難易度は上がったと思われる。また今年は、若干の計算を要する問題や比較表現を読み取る問題が出題されていたことに加え、本文中の空所に当てはまる単語を文意から推測する問題が2問に増えており、問題形式のうえでも難易度が上昇していることがうかがえる。今後はこれまで以上に早期からの長文読解練習が必須であろう。

大問8「長文読解」:標準

問題数・配点は昨年同様であるが、昨年よりも語彙力が求められる内容であったので難易度は上がったと思われる。問題形式はほぼ昨年同様であるが、(4)の正誤判定の問題が本文に登場する順番とは異なっていたため、判定に時間がかかった受験生も多いであろう。また(2)の英問英答の問題において、早計に主語だけを見て間違った文を抜き出すことのないようにしたい。日頃から精読する習慣が必要であろう。

大問9「対話文読解」:基礎

昨年同様の形式。大問6同様に「電話」という教科書で必ず扱うシチュエーションであったため、昨年よりも読みやすい内容であった。(2)の選択肢「take」に引っ掛からなかったかどうかで差がついたであろう。落ち着いて丁寧に選択肢を吟味することが求められる。大問6同様、教科書に載っている「場面ごとの会話表現」をしっかりと覚え、この大問は確実に得点しておきたい。

【執筆】

今津吉弘(湘南ゼミナール柏の葉キャンパス教室/湘南ゼミナール千葉 英語科コンテンツリーダー)

【監修】

村田洋志(湘南ゼミナール新浦安教室)

<理科>

「思考力・判断力・表現力を問う入試へ」

〈難易度〉前年よりも易化                              〈総評〉形式は前年を踏襲した、大問9題の構成。問1の小問集合も含め、物理・化学・生物・地学から各学年バランスよく出題された。知識問題が6割を占め、教科書の内容を反復練習した受験生は得点が比較的容易だったと考える。一方で、例年の入試よりも記述問題が増加しただけでなく、高度な状況判断能力を問う計算問題が出題されたことから、教科書の知識事項だけでなく、原理原則や、理由を説明できる本質的な理解が、今後の入試では多く求められるだろう。教科書内容だけでなく、思考力・判断力・表現力をより一層強化する勉強が望まれる。

問1 「小問集合」:基礎

中1物理・中2化学・中3生物・中1地学からの出題で、(2)の中2化学は本質の理解が問われる問題であったが、いずれも教科書レベルである。全問正解が望まれる。

問2 「動物のなかま」:基礎
中1生物の動物に関する問題。肉食動物と草食動物の違いや相同器官など、基礎的な内容を問う問題が多い。全問正解が望まれる。

問3 「いろいろな物質」:基礎
物質の密度に関する問題。(3)の①では、液体と気体の密度の違いを利用する計算問題だったが、問題演習を十分に行なった受験生は正解できただろう。
他の問題はいずれも教科書内容で、難易度は低かった。

問4 「気象のしくみと天気の変化」:発展
季節風や前線、フェーン現象に関する問題。(3)の作図問題は、C地点の情報に着目し、寒冷前線の位置を考えなければならない問題で、状況判断能力が問われる今までにない形式だった。
(4)のフェーン現象は、水蒸気量を計算で求めて比較する問題で、計算演習を十分に実施したかどうかが鍵となった。

問5 「電流とその利用」:基礎
電熱線の抵抗と発熱量に関する問題。(3)の(b)における記述問題は、発熱量からの逆算で電流に触れる必要があった。その他の問題は平易な問題で、全問正解が望まれる。

問6 「地球と宇宙」:標準

太陽系の惑星に関する問題。(4)は、半年後のそれぞれの惑星の位置関係を把握する必要がある難問であった。地球の位置を動かす作業も確実に行いたい。(1)の記述問題に関しては、字数制限がある理科にしては珍しい形式であったが、(2)や(3)と同じく、問題なく正解できるレベルである。

問7 「運動とエネルギー」:発展

斜面を下る小球が持つエネルギーに関する問題。(4)は、位置エネルギーに移り変わった分も考えて計算しなければならない難問。図3を参考に、比を使って丁寧に求めたい。(1)~(3)の問題は、問題演習が十分な受験生であれば、困ることは無かっただろう。

問8 「動物の体のつくりとはたらき」:標準

動物の行動の仕組み、反応と反射に関する問題。筋肉の動きだけでなく、腱のついている箇所を問う問題が出題された。(3)は反射がどのような反応なのか理解を問う問題で、選択肢の言葉に惑わされないよう注意したい。いずれの問題も、教科書を使った本質の理解が望まれる。

問9 「化学変化とイオン」:基礎

新指導要領のダニエル電池に関する問題。新しい内容であることを踏まえてか、いずれの問題も教科書内容で、難易度はかなり低い。全問正解が望まれる。

【執筆】

楠本翔(湘南ゼミナール八千代中央教室/湘南ゼミナール千葉 理科科コンテンツリーダー)
【監修】

明石直樹(湘南ゼミナール妙典教室)
堀内恵介(湘南ゼミナール南柏教室)
福井圭輔(湘南ゼミナールおおたかの森教室)

<社会>

「公民新教科書内容が出題されるも前年よりやや易化」

〈難易度〉前年よりやや易化

〈総評〉前年同様に資料の読み取りをもとにした思考力や判断力が求められる問題が大問ごとに出題された。特筆すべきは公民分野。昨年削減された範囲である国際社会からの出題が復活した。また、新学習指導要領の導入により新教科書に記載されるようになった「SDGs」や「パリ協定」などの出題が見られた。前年と比べると難易度は易しくなっており、平均点は60点台前半で収束すると思われる。

近年の千葉県入試は、資料の読み取りをもとにした思考力や判断力が求められる問題だけでなく、似たような語句の区別ができているかを確認する問題が出題されている。来年の受験生には、まず教科書の熟読をおすすめしたい。その際は、教科書本文だけなく、記載されている資料や補足の説明、年表ページなども熟読するといいだろう。

大問1「総合問題」:発展

前年と同様に、語句記述・並び替え・資料の読み取りという形式だったが、出題の仕方がひねられており、面を食らった受験生も多かったのではないだろうか。(1)は鉱産資源の国別生産量を示した表から品目を判断する問題だったが、サウジアラビアやイラクといった中東の国に注目できたかが鍵だった。(3)の並び替えは「東インド会社の設立」の時期を判断させるのがやや難しい。また、(4)の複数の資料から国を特定する問題の難易度は特に高かった。牧場・牧草地の面積に注目してしまうと、「E=カザフスタン」と判断するのが極めて難しくなる。一方で、会話文や資料にカザフスタンの国土面積が世界第9位であることが書かれていたため、これらの内容を理解していた受験生は落ち着いて対処できたのではないか。総じて難易度が高く、丁寧な読み取りが必要であったといえる。

大問2「地理(日本地理)」:基礎

比較的取り組みやすい問題が多かった。(3)は都道府県ごとの産業の特色を理解できていれば十分に正解できる問題であった。地形図の問題では、読み取った内容のうち「誤っている」選択肢を選ばせる問題が出題された。標高差を判断する選択肢がやや難しかったが、他の選択肢は比較的判断がしやすく消去法を用いれば正解を導くことは難しくない。

大問3「地理(世界地理)」:標準

(1)の地図の特徴を確認する問題では、地図上で示された2つの場所を比較したとき、面積が同じであるか狭くなるかの判断が要求された。隔年で出題されている時差問題は、従来の形式と異なり、会話文を読んだ上で会話の相手がどこの都市に住んでいるか判断する問題が出題された。また、2年連続で世界地理から出題された条件記述で問われたのは「モノカルチャー経済」の問題点についての説明。比較的定番の条件記述であったため、難なく書けた受験生も少なくないだろう。

大問4「歴史(前近代史)」:発展

選択問題が中心だったが、判断に迷うものも多く全体的に難しい問題構成だった。(1)の並び替えは飛鳥時代の内容が扱われたが、同じ時代の中での並び替えであったため難易度は高め。鎌倉幕府の滅亡についての選択問題では後鳥羽上皇と後醍醐天皇の判別が要求されたが、「幕府に反乱し隠岐に流された」という内容から、判断に迷った受験生もいたことだろう。総じて難易度は高く、ただ語句を覚えるのみでなく、その語句がもつ背景を理解する必要がある構成であったといえる。

大問5「歴史(近・現代史)」:標準

大問4に比べると比較的解きやすい構成だったが、一部で難問が見られた。(3)ではサラエボ事件を起こした青年が「セルビア」の出身であることが問われた。(5)の条件記述は資料を見て、サンフランシスコ平和条約に関する記述であることを読み取る必要があったため、難易度は高かったといえる。日ごろから教科書を熟読し、資料にも目を通しておく必要があるといえる。

大問6「公民(経済)」:基礎

2年ぶりに出題された略称の問題では企業の社会的責任を意味する「CSR」が問われた。(3)の資料の読み取りは、積み上げ縦型の棒グラフであったため、読み取りづらいところもあったが、落ち着いて選択肢を吟味すれば十分に正解できる内容であった。

大問7「公民(政治)」:標準

読み取りが中心の構成であったため、落ち着いて対処することが肝要。(2)は模擬選挙を題材としており、資料も多く一見難しそうに見えるが、模擬選挙の方法が記された資料を丁寧に読み解けば十分に正解できる。条件記述では、「一票の格差」が題材となったが、比較的定番の記述であったため、難易度はそこまで高くないといえる。

大問8「公民(国際)」:基礎

新教科書で扱われるようになった持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定が題材になるなど新学習指導要領を意識した構成となっている。パリ協定を選ばせる選択問題では、その内容も正しく理解しておく必要があった。

【執筆】

永井克典(湘南ゼミナール京成大久保教室/湘南ゼミナール千葉 社会科コンテンツリーダー)

【監修】

谷口純崇(湘南ゼミナール八柱教室)

最新の記事一覧

ご相談受付中!

時間割・カリキュラムや費用についてなど、何でもお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせはこちら
047-316-2100 湘南ゼミナール 小中部 南行徳教室
(受付時間 14:00~19:00)

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京
  • 横浜翠嵐Vコース

難関高校受験

  • 難関高受験コース
  • 横浜翠嵐Vコース

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン