TOP > 受験情報 > 埼玉県の公立高校入試制度

湘ゼミ進学情報戦略部が解説する埼玉県の公立高校入試制度 湘ゼミ進学情報戦略部が解説する埼玉県の公立高校入試制度

埼玉県の公立高校入試制度(全日制の課程)

埼玉県の公立高校入試は、一般募集として例年2月下旬に実施される「学力検査」を経て選抜されます。

1回の学力検査で、選抜は2段階で実施されます。

学力検査の得点と調査書、学校によっては実技検査または面接の得点に各高校で定めた点数を乗じた合計点が高い順に合否が決定する加算方式をとっています。

「入学者選抜」の概要

学力検査:1回のみ(志願先の高校にて実施)
選抜:第1次・2次の2回
志願資格:県内に居住する方(どの高校でも出願可)

※出願後、指定期間中に1回の志願変更が可能です。

選抜の流れ

第1次選抜:募集定員の60~80%の合格者を決定
第2次選抜:募集定員の20~40%の合格者を決定

※1回の学力検査結果をもとに、各学校の基準に応じて第1次・2次の選抜ごとに学力検査と調査書の配点比率を変えて合格者が決定されます。
※学校によっては3次選抜を行うところもあります。

選抜の内容

・調査書(内申/特別活動の記録/その他の活動の記録)の得点
・学力検査(国語・社会・数学・理科・英語)5教科の得点

 ※一部の専門学科等で実技検査、面接を実施する学校もあります。

県立御三家をはじめとする一部の学校では、学力検査の数学と英語で「学校選択問題」を実施します。

調査書(内申/特別活動/その他の項目)

内申

中学1~3年生の9教科の内申合計(45点満点)を、各高校の定めた学年別比率に基づいて点数化します。なかでも中3生の内申を2倍や3倍に傾斜配点する学校が多くあります。

配点比率の例/内申(学年)
1(1年):1(2年):2(3年)
(45点:45点:90点=180点満点)

特別活動等の記録

学級活動、生徒会、部活動、学校行事などの実績や取り組みについても各学校が定めた内容で点数化されます。

その他の項目

総合的な学習の時間の記録、ボランティア活動や地域における社会活動、各種検定など学校外の活動も各学校が定めた内容で点数化されます。

学力検査

国語・社会・数学・理科・英語の5教科
・試験時間は全教科50分
・問題は「学校選択問題」実施校の英語と数学を除き、全て共通問題

※理数科は理科・数学を2倍、外国語科は英語を2倍にして傾斜をかけることが認められています。

実技検査/面接

芸術系、スポーツ系の学科やコース、外国語コースでは実技検査を実施することがあります。また、面接に関しては、学力検査の結果が乏しいお子さまに対しての救済措置とされているケースが多く、特別な対策を要するものではありません。
※詳しくは埼玉県の情報をご確認ください。

学校選択問題

※上位校をはじめとする一部の学校で実施

・英語と数学で、応用的な内容を含む「学校選択問題」を実施
・問題は実施校全校が共通問題

※2022年度(R4年)に新たに「市立大宮北高校」が加わり、計22校で実施されます。

学校選択問題 実施校(計22校)

県立浦和/浦和第一女子/浦和西/大宮/春日部/川口北/川越/川越女子/川越南/熊谷/熊谷女子/熊谷西/越ケ谷/越谷北/所沢/所沢北/不動岡/和光国際/蕨/市立浦和/市立大宮北/川口市立

埼玉県ならではの特徴

埼玉県の入試問題は「学力検査」「学校選択問題」問わず、記述式が多いのが大きな特徴です。50分という試験時間内でいかに効率よく記述問題を解くかが合格の鍵となります。
例えば、国語では例年「作文」が出題され、その配点は12点と高い割合を占めています。
資料から読み取ったことをもとに自分の考えや体験を踏まえて文章を作成する思考力や、意見を完結にまとめる表現力が求められます。
また、英語でも単純な文法力だけでなく、問題で扱う専門的な言葉の理解と英語で自分の意見を書く表現力が問われる出題がされています。

志望校・入試内容に合わせた「入試対策プラン」

湘南ゼミナールでは、「学校選択問題」実施校をはじめとする難関・上位校向けの入試対策プランを設けています。応用的な問題を扱う学校選択問題の英語・数学では、中学校の既習範囲をより深く掘り下げて学習し、入試本番を見据えた実践的な演習問題で高い得点力を養成します。また、国語科を中心に記述式問題学習レクチャーで合格力を高めます。

詳しくはこちら

選抜基準

学校ごとの選抜基準

各学校により選抜基準が異なります。志望する学校の選抜基準を必ずご確認ください。

埼玉県「令和4年度/埼玉県公立高等学校入学者選抜における各高等学校の選抜基準」ページ

学力検査と調査書の配点

学力検査と調査書(内申ほか)の配点比率は6:4~4:6の範囲にて各学校で定めています。

第1次選抜の学力検査と調査書の配点比率はバランス型ですが、御三家をはじめとする上位校のほとんどは第1次選抜から学力検査(6):調査書(4)と学力検査の比率を高めに設定しており、第2次選抜ではさらに学力検査の比率が高まります。

選抜の流れ

各選抜資料の配点

※実技検査や面接を実施しない学校の配点(満点)表

選抜の流れ

中1~中3生までの各学年9教科×5段階(1学年45点満点)を各校が定める配点比率で算出し得点化するため、中1生からの学校成績が入試に重要な要素となります。
※多くの学校が、中3生の内申を2倍または3倍に加点しています。

入試に向けて高内申獲得へ!湘南ゼミナールの学校別定期テスト対策

詳しくはこちら

2022年度(令和4年度)埼玉県 公立高校 入学者選抜の日程

募集期間

2022年2月10日(木)、14日(月)、15日(火)

志願変更期間

2022年2月17日(木)、18日(金)

学力検査

2022年2月24日(木)※5教科
※実技検査(芸術系学科)、面接は2月25日(金)に実施

追検査の期日

2022年3月7日(月)

合格発表

2022年3月4日(金)

※追検査の合格発表は3月9日(水)
※上記は全て埼玉県2021年4月16日発表 の改訂後日程です。

関連情報

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン