TOP > 受験情報 > 神奈川県公立高校受験情報

湘ゼミ進学情報戦略部が解説する神奈川県公立高校の受験情報湘ゼミ進学情報戦略部が解説する神奈川県公立高校の受験情報

神奈川県の公立高校入試制度(全日制の課程)

神奈川県の公立高校入試は、一般募集として例年2月中旬に実施される「共通選抜」を経て選考されます。
「共通選抜」は県内全公立高校の全学科・全コースで1回のみ実施され、学力検査と面接の検査が課されます。また、一部の学校では特色検査も実施されます。

「入学者選抜」の概要

共通選抜:1回のみ(志願先の高校にて実施)
選考:第1次・2次の2回
志願資格:県内に住所を有する方であれば、どの高校でも出願可
(県外からでも承認を得れば出願可)
※出願後、指定期間中に1回の志願変更が可能です。

選考の流れ

第1次選考:募集定員の90%の合格者を決定
第2次選考:募集定員の10%の合格者を決定
※1回の検査結果をもとに、第2次選考では「学習の記録(内申)」を除いた点数の上位10%(定員に対し)の合格が決定されます。

「共通選抜」の選考資料と内容

・学習の記録(内申点)
・学力検査(国語・社会・数学・理科・英語)5教科
・面接(個人面接)
※上記に加え、横浜翠嵐高校をはじめとする学力向上進学重点校・エントリー校など高校・学科によっては特色検査を実施します。

学習の記録(内申)

中学2年生の9教科の内申合計(45点満点)+中学3年生の9教科の内申合計(45点満点)×2=合計135点満点
※各高校の判断で3教科以内、教科ごとの「2年生の内申+3年生の内申」を2倍までの範囲で傾斜配点する場合があります。

学力検査

国語・社会・数学・理科・英語の5教科・各50分/各100点、合計500点満点
※特色検査を実施する場合、学力検査が3教科となる場合があります。
※クリエイティブスクールは学力検査を行いません。

面接

受験生1人につき10分程度の個人面接試験
面接官となる高校の教員は2名以上で、出願時に提出する面接シートと調査書の内容を参考に面接が進められます。
面接には共通の観点に加えて、学校ごとの観点を設ける高校もあります。

共通の観点

・入学希望の理由
・中学校での教科等に対する学習意欲
・中学3年間での教科等以外の活動に対する意欲

学校ごとの観点

・高校での教科・科目等に対する学習意欲
・高校での教科・科目等以外の活動に対する意欲
・学校・学科等の特色理解
・将来の展望
・面接の態度

※面接を重視する学校の場合、その他の観点として「学校生活におけるルールとマナーを守ろうとする姿勢」「自己の理解(長所・自己アピール)」などを公表している学校もあります。

特色検査

特色検査(自己表現検査)「共通/共通選択問題」で実施する高校 ※計18校

横浜翠嵐/川和/希望ケ丘/横浜平沼/光陵/柏陽/横浜国際(単位制国際科・国際バカロレアコース)/横浜緑ケ丘/多摩/横須賀/鎌倉/湘南/茅ケ崎北陵/平塚江南/小田原/厚木/大和/相模原

内容

提示された文章や資料を読み取り、中学校までに習得した知識・技能を教科横断的に活用して問題を解決する思考力・判断力・表現力や想像力など総合的な能力や特性を見る検査です。

特色検査を独自の問題で実施する高校 ※計17校

田奈/釜利谷/横須賀南/大井/大和東/神奈川総合(単位制舞台芸術科)/横浜サイエンスフロンティア(単位制理数科)

内容

グループ討論やスピーチなど各校が設定する評価の観点に沿った検査が実施されます。

特色検査問題は、考え方・表現力・コミュニケーション能力などにも反映される問題となっているため、入試に向けて学ぶことで、その先の高校生活を過ごすうえでも大きな成長に繋がります。
また、新学習指導要領に基づいて2021年度より大学入試制度改革で実施している『大学入試共通テスト』でも知識の活用力を問う問題が重要視されていることから、高校入試で特色検査の問題を解く力が基礎学力として生きていきます。全国的に見ても、こうした教科横断型の入試問題が出題される傾向が広がっています。

志望校・入試内容に合わせた「入試対策プラン」

特色検査実施校の対策講座はもちろん、横浜国際(国際バカロレアコース)などで実施される「スピーチ」や「グループ討議」において必要となる「論理的思考力」「表現力」「課題解決力」の育成につながる講座を豊富にご用意しております。

「共通選抜」の選考基準

共通選抜は、学習の記録(内申)・学力検査・面接・特色検査のそれぞれを100点満点に換算し、各高校で定めた係数をかけて合計した「S値」で選考します。
※第1次選考では学習の記録(内申)と学力検査、第2次選考では学力検査のうち、一部の教科で配点を2倍とするなど重点化する学校があります。

共通選抜における「S値」の計算方法

A値/内申

【中2生 内申】9教科×5段階=45点満点
【中3生 内申】9教科×5段階(45点満点)×2=90点満点

合計135点満点
※100点満点に換算した数値を(a)とする。

B値/学力検査

学力検査(3~5教科)各教科の得点合計
※100点満点に換算した数値を(b)とする。

C値/面接

面接の観点ごとの得点合計
※100点満点に換算した数値を(c)とする。

D値/特色検査

特色検査の観点ごとの得点合計
※100点満点に換算した数値を(d)とする。

A~D値の得点を100点満点に換算し直した(a)~(d)を、各学校で定める配点基準に沿って算出します。

【具体例】高校別の配点比率で計算する

第2次選考では、内申の配点がありません。そのため、中学2年生からの成績が芳しくないが、試験までに学力を上げていったお子様たちが、第2次選考で合格できる可能性を残した制度となっています。
入試制度としては、長期的にコツコツ頑張るお子さまが比較的評価される一方で、面接や成績よりも学力検査を重視している学校もあります。

2022年度(令和4年度)神奈川県 公立高校 入学者選抜の日程

募集期間

2022年1月25日(火)~2月1日(火)まで ※土日を除く
※1月25日(火)~27日(木)は郵送のみ受付・必着、海外帰国生徒特別募集及び在県外国人等特別募集を除く

志願変更期間

2022年2月4日(金)~8日(火)まで ※土日を除く
※連携型中高一貫教育校連携募集は除く

学力検査等の期日

2022年2月15日(火)

面接及び特色検査の期日

2022年2月15日(火)、16日(水)及び17日(木)
※連携型中高一貫教育校連携募集は2月16日(水)のみ
※インクルーシブ教育実践推進校特別募集は2月16日(水)及び17日(木)のうち、当該高等学校長の定めた期日

追検査の期日

2022年3月1日(火)

※神奈川県2021年4月30日発表情報より
※二次募集に関する情報は 神奈川県公式HP にてご覧ください。

関連情報

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン