TOP > 受験情報 > 千葉県公立高校受検情報

千葉県公立高校受検情報

湘ゼミ進学情報戦略部が解説する 千葉県公立高校受検情報

千葉県公立高校の入試制度解説

千葉県の入試制度は、学区制・前期後期2回の選抜、内申と学力検査とその他の検査を元にした選抜方法に大きな特徴があります。選抜方法は高校ごとに大きく違い、またその他の検査の内容もかなり特徴があるので、受検を考えている高校の特徴をよく知って、早いうちから対策をすることをお勧めします。

①千葉県公立高校入試の学区について

県立高校の学区設定では、千葉県全域が九つの学区に分かれています(表1参照)。住んでいる場所によって自分が属する学区が決まり、自分の属する学区と、それに隣接する学区にある高校を受検することができます。どの場所に住んでいる人がどの学区の高校を受けられるのか、表1にまとめましたので、ご覧ください。

表1 千葉県立高校を受検する場合の学区
第1学区 千葉市
⇒第1、第2、第4、第6、第7、第9学区を受検可能
第2学区 市川市、船橋市、松戸市、習志野市、八千代市、浦安市
⇒第1、第2、第3、第4学区を受検可能
第3学区 野田市、柏市、流山市、我孫子市、鎌ヶ谷市
⇒第2、第3、第4学区を受検可能
第4学区 成田市、佐倉市、四街道市、八街市、印西市、白井市、富里市、印旛郡内全町
⇒第1、第2、第3、第4、第5、第6学区を受検可能
第5学区 銚子市、香取市、匝瑳市、旭市、香取郡内全町
⇒第4、第5、第6学区を受検可能
第6学区 東金市、山武市、大網白里市、山武郡内全町
⇒第1、第4、第5、第6、第7学区を受検可能
第7学区 茂原市、勝浦市、いすみ市、長生郡内全町村、夷隅郡内全町
⇒第1、第6、第7、第8、第9学区を受検可能
第8学区 館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町
⇒第7、第8、第9学区を受検可能
第9学区 木更津市、市原市、君津市、富津市、袖ヶ浦市
⇒第1、第7、第8、第9学区を受検可能

また、市立高校は千葉県内に七つあり(表2参照)、それぞれの高校で受検可能な地域が違います。普通科は市内や隣接学区内のみで、専門学科は県内全域募集、という形になっています。市立高校を志望する方は受検可能地域に注意してください。

表2 千葉県内の市立高校受検可能地域
高校名 学科 受検可能地域
千葉市立千葉 普通科 千葉市内
理数科 県内全域
千葉市立稲毛 普通科 千葉市内
国際教養科 県内全域
船橋市立船橋 普通科 第1~第4学区内
商業科 県内全域
体育科 県内全域
松戸市立松戸 普通科 松戸市内
国際人文科 県内全域
習志野市立習志野 普通科 第1~第4学区内
商業科 県内全域
柏市立柏 普通科 第2~第4学区内
スポーツ科学科 県内全域
銚子市立銚子 普通科・理数科 第4~第6学区内
  • 銚子市立銚子はくくり募集(入試時は科を分けないで募集)

②前期選抜と後期選抜について

千葉県の公立高校では、「前期選抜」と「後期選抜」の2回の選抜が実施されます。それぞれの特徴の違いは表3の通りです。

表3 千葉県公立高校の前期選抜と後期選抜の違い
前期選抜 後期選抜
検査日数 2日間 1日間
定員 普通科:30%~60%
専門学科・総合学科:50%~100%
地域連携アクティブスクール:60%~100%
募集定員から前期選抜合格者数を引いた数
※前期選抜の定員が100%で、かつ合格者が定員を満たした場合、後期選抜は実施されない
志願変更 なし あり
検査内容 一日目:学力検査(5科目・50分・100点満点)
二日目:高校ごとに実施する検査(別表参照)
一日のみ:
学力検査(5科目・40分・100点満点)、高校が必要に応じて実施する検査(実施しない場合もあり)

2-1)定員の設定について

普通科の定員は30%~60%と定められていますが、実は全ての普通科高校(中高連携型の関宿高校を除く)が前期選抜の定員を【60%】と最大に設定しています。また、専門学科や総合学科でも、最大の100%設定ではない高校は13校・15学科のみとなっており、前期選抜に大きな比重がかかっていることが見て取れます。高校ごとの定員枠設定はこちら(表4・5:前期選抜・後期選抜概要まとめ)をご覧ください。

2-2)志願変更について

後期選抜については、一回だけ「志願変更」をすることができます。後期選抜の出願が締め切られた後、その集計(志願者数と倍率)が翌日の新聞で発表されます。それを受けて、志願先を変更することができます。
手続きとしては、志願取消願いを中学校でもらい、最初に出願した高校へ持っていくと、志願取消証明書や願書などが返還されます。その後、新しい願書や志願取消証明書など必要書類を変更先の高校に持っていく、という形となります。
短い期間で二つの高校に行ったり、必要書類への記入を行ったりと忙しくなるため、多くの人が活用する制度ではありません。ただ、出願した高校が予想外に高倍率だったり、二つの高校で迷っていて倍率を見て決定したい状況だったり、というときに、うまく活用できれば合格可能性をより高くすることができる可能性もありますので、事前にどうなったら志願変更するのか、をよく考えておくといいでしょう。

2-3)検査内容について

前期選抜では、一日目に五科目の学力検査が行われます。いずれも50分での実施、100点満点となります。二日目は、高校ごとに実施する検査が行われます。
前期選抜で高校ごとに実施する検査には、「面接」「集団討論」「自己表現」「作文」「小論文」「適性検査」「学校独自問題」「その他の検査」の八種類の中から、一種類以上を選択できます。どの検査がどれくらいの高校で実施されるかは表6にまとめました。(数値は全日制高校のもの)

表6 各高等学校において実施する第2日の検査の内容
前期選抜の第2日目の検査内容 2019年度全日制 2018年度全日制
学校数 学科数 学校数 学科数
123校 200学科 124校 201学科
面接 84校 34学科 87校 40学科
集団討論 1校 1学科 1校 1学科
自己表現 51校 76学科 50校 74学科
作文 13校 16学科 13校 16学科
小論文 1校 2学科 1校 2学科
適性検査 9校 6学科 9校 7学科
学校独自問題 0校 0学科 0校 0学科
その他の検査 1校 1学科 1校 1学科

前期選抜の第2日目の検査の数 2019年度全日制 2018年度全日制
学校数 学科数 学校数 学科数
123校 200学科 124校 201学科
一つの検査 99校 154学科 97校 151学科
二つの検査 30校 46学科 32校 50学科

一方後期選抜では、五科目の学力検査は40分での実施となります(満点は変わらず100点)。また、学力検査に加えて高校ごとに個別の検査を実施してよいことになっています。どれくらいの高校でどんな検査が実施されるかを表7にまとめました。

表7 各高等学校が必要に応じて実施する検査の内容
前期選抜の第2日目の検査内容 2019年度全日制 2018年度全日制
学校数 学科数 学校数 学科数
123校 200学科 124校 201学科
面接 80校 135学科 82校 137学科
集団討論 0校 0学科 0校 0学科
自己表現 5校 5学科 5校 5学科
作文 0校 0学科 0校 0学科

前期選抜の第2日目の検査の数 2019年度全日制 2018年度全日制
学校数 学科数 学校数 学科数
123校 200学科 124校 201学科
一つの検査 80校 134学科 82校 136学科
二つの検査 3校 3学科 3校 3学科

高校ごとに定員枠がどれくらいあるのか、どんな検査が行われるのかについては、全日制高校は表4を、地域連携アクティブスクールは表5をご覧ください。

③選抜方法について

3-1)内申の計算方法

学校の内申を入試の選抜の資料として使用する際、千葉県では「算式1」という式で計算します。
計算方法としては、
(1~3年学年末の内申合計)+(県が定める内申標準値)-(在籍中学校の3年生内申合計の平均値)
という式となります。
最初の内申合計はいいとして、足し算と引き算で何を行っているかというと、中学校間の内申の付きかたが「厳しい」「甘い」という差を、これによって調整しているのです。
例えば内申が厳しく付く中学校を考えてみます。ある生徒の内申合計が100、県が定める内申標準値が95で、この学校の内申合計平均値が90だとすると、この生徒が入試で使われる内申値は【100+95-90=105】となります。
逆に甘く付く中学校で、内申合計平均値が100だったとすると、【100+95-100=95】となります。これによって、中学校による内申の付きかたを調整するようにしています。

3-2)前期選抜の選抜方法

前期選抜の選抜方法は、高校ごとに特徴があります。詳しくは、秋ごろ高校ごとにホームページで発表されるので、そちらをご確認ください。ここでは、全体の傾向をまとめてお伝えしていきます。

内申と入試は大半の高校で約1:4

ほとんどの高校で、内申135点と入試500点をそのまま足して、選抜の数値としています。2018年度入試において、特殊な計算をした高校の例は表8の通りです。
学力検査を重視するパターンと内申を重視するパターンの2つに分かれます。また、国際系学科や理数学科を中心に、一部科目により比重をかける評価の仕方をしている高校もあります。
この計算式を見ると、高校側がどのような生徒に来てほしいのか、という姿勢が現れていることがわかります。自分が受検しようとしている高校がどのような評価方法なのか、しっかり知っておく必要があります。

表8 2018年度入試における前期選抜の配点(抜粋)
学区 高校名 学科 内申 学力検査 特徴
1 千葉東 普通 参考程度 500 学力検査重視
1 千葉東 普通 54 500 学力検査重視
1 千城台 普通 270 500 内申重視
2 船橋 普通 67.5 500 学力検査重視
2 船橋 理数 67.5 600 学力検査重視
学力検査で数理1.5倍
2 船橋東 普通 270 500 内申重視
2 市立松戸 国際人文 135 550 学力検査で英語1.5倍
3 鎌ヶ谷西 普通 270 500 内申重視
3 沼南高柳 普通 270 500 内申重視
3 野田中央 普通 270 500 内申重視
4 富里 普通 270 500 内申重視
4 四街道北 普通 270 500 内申重視
5 小見川 普通 270 500 内申重視
6 東金 国際教養 135 550 内申・学力検査で英語1.5倍
7 大原 総合 270 500 内申重視
7 長生 普通 135 500 学力検査重視
7 長生 理数 135 600 学力検査重視
学力検査で数理1.5倍
2 松戸国際 国際教養 135 550 学力検査で英語1.5倍
3 理数 135 600 学力検査で数理1.5倍
3 柏の葉 情報理数 135 600 学力検査で数理1.5倍
3 流山おおたかの森 国際コミュニケーション 135 550 学力検査で英語1.5倍
4 成田国際 国際 135 550 学力検査で英語1.5倍
4 佐倉 理数 135 600 学力検査で数理1.5倍
5 佐原 理数 135 600 学力検査で数理1.5倍
5 匝瑳 理数 135 600 学力検査で数理1.5倍
6 成東 理数 135 600 学力検査で数理1.5倍
9 上総 普通・園芸 405 500 内申重視
1 普通 180 500 3年次の内申を2倍
  • その他の高校は内申135・学力検査500
高校ごとに実施される検査は点数化される場合もされない場合も

内申と学力検査以外に、二日目に行われる「高校ごとに実施される検査」は、明確に「150点満点で評価」と点数化される場合もあれば、a/b/cで評価して順位付けに活用する場合、あくまで資料として総合的判断の参考とする場合など、高校ごとにスタンスが大きく違います。明確に点数化される場合は、その重みによって対策が極めて重要になります。逆に点数化されない場合は、高校の温度感が不明なため、過去のデータなどからどれくらいの影響があるか、事前に情報収集することをお勧めします。
いずれにしても、学力検査だけでは測れない力を見る検査ですから、日常の取組や学習の姿勢などが大きく影響してくるといえます。

調査書記載事項にも注意

選抜方法の資料として、「調査書に記載される事項」を細かく点数化したり、総合的判断の材料としたりする高校も多くあります。出欠席の記録一つを取っても、「欠席が多い場合審議対象」と減点材料とだけする高校もあれば、「三年間皆勤であれば◎点」と加点材料にする高校もあります。
また、生徒会や委員会・学級活動、部活動、検定試験、その他特記事項など、様々な項目が設定されています。志望校を決める際、ぜひ細かく選考基準をチェックすることをお勧めします。

3-3)後期選抜の選抜方法

前期100%設定の高校では実施されないことも

専門学科や総合学科の高校では、前期選抜に定員枠の100%設定をしている高校が多く存在します。これらの高校で、前期選抜に志願者が集まり、合格者で枠が全て埋まった場合は、後期選抜が実施されなくなります。一方で、設定した枠に合格者が埋まりきらなかった場合は、その残りの定員(多くの場合ごくわずか)を募集するために後期選抜が実施されます。ただ、この場合も非常に枠が狭いため、最初からこの枠狙いで受検戦略を組むのは合理的ではありません。
普通科の高校では、全て定員の40%の枠が後期選抜に割り当てられています。

前期とは違う選抜方法

後期選抜では、受検生が「A組」と「B組」の二つに分けられます。
「A組」は、①内申(算式1による数値)を高い順に並べた際に、募集人員の80%以内に入る ②後期学力検査の得点を高い順に並べた際に、募集人員の80%以内に入る ③調査書内の記載内容、学力検査の科目ごとの得点、必要に応じて実施する検査に問題がない の三つの基準を全て満たす者であり、A組に入ると後期合格が決定します。
A組に入らなかった生徒は全て「B組」となり、新たに順位付けをされます。その計算の仕方を「算式2」と呼び、
(後期学力検査の得点)+(算式1で計算された内申の値)×K
という式で計算されます。
KK値は学校によって決めることができます。K値が大きいほど内申を重視することを意味します。K値は1の高校、2の高校、3の高校の三種に分かれます。例年、大半の高校が1となりますので、2と3の高校を例示しておきます(表9)。

表9 2018年度入試後期選抜K値設定(抜粋)
学区 高校名 学科 K値
1 若松 普通 3
2 行徳 普通 3
2 浦安南 普通 3
3 関宿 普通 3
4 四街道 普通 3
9 上総 普通・園芸 3
9 鶴舞桜が丘 全科 3
2 船橋北 普通 2
2 鎌ヶ谷西 普通 2
3 沼南 普通 2
3 沼南高柳 普通 2
3 我孫子東 普通 2
4 富里 普通 2
4 佐倉南 普通 2
4 四街道北 普通 2
5 小見川 普通 2
9 姉崎 普通 2

また、後期選抜は選考方法が複雑なので、表10に後期選抜のシミュレーションを掲載しておきました。こちらの説明と一緒に、ご参考になさってください。

関連情報

公立高校受験
  • 総合進学コース 神奈川
  • 総合進学コース 埼玉
  • 総合進学コース 千葉
  • 総合進学コース 東京
難関国私立高校受験
  • shozemi アルファ
中学受験
  • 公立中高一貫校対策講座
大学受験
  • shozemi 大学進学館
  • 河合塾マナビス
個別指導
  • 個別指導 スタディ・ナビ
  • 湘南ゼミナール・プラス
  • 個別指導なら森塾
早期教育
  • レプトン
採用情報
  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用