TOP > コースを探す > 小学生向けコース > 公立中高一貫コース > 2022年度 公立中高一貫校 合格者VOICE

公立中高一貫校 合格者VOICE公立中高一貫校 合格者VOICE

公立中高一貫校合格者の「2022年 合格インタビュー」をご紹介します。次の各校を掲載しています。

南附中合格者インタビュー

【川崎市立日吉小学校】S.N.さん 

Q.苦労したことと、乗り越えた方法について教えてください。

A.学習計画表を記入したり、宿題を全てこなすのに時間がかかり大変でした。ですが、宿題の多さは、勉強が上達していき、個々にかかる時間が減っていったことで、こなすことができるようになりました。勉強の質を高めることで、結果的に量をこなすことができたのだと思います。

Q.湘南ゼミナールでの思い出や体験談、効果的だった講座や授業などを教えてください。

A.小学部の算数特訓は、良い成績を取ると画面上でメダルをもらえ、友達とメダルの数を競い合うことで、競争心がより強く引き出され、計算が速くなりました。受検直前期には、土曜日の志望校別クラスで、志望校の予想問題を解き、合格圏内であるかないか、合格まであと何点必要か等が明記された帳票が出ました。その事がより具体的な目標を立てることにつながりました。

閉じる

【横浜市立永谷小学校】丸田 花凛さん 

Q.苦労したことと、乗り越えた方法について教えてください。

A.とにかく宿題のボリュームが多かったことです。乗り越えた方法は学習計画表をしっかり書いていったことです。自分の勉強時間がどれくらい取れるのかを計算し、そこで何をするのかしっかり計画を立てていくことで、宿題がどれくらいのペースで進んでいるのかを把握することができました。学習計画表をきちんと書いていくことで、やりたいことをリストアップして整理していくことができるので、学習計画表はとても大切でこれからずっと役に立つ習慣だと思うので、続けていきたいと思います。

Q.後輩に向けてアドバイスをお願いします。

A.成績が上がることもあれば下がることもあり、苦しい時もあると思いますが決して挫けないでください。目標に向かって諦めずやり続けること、そこに大きな意味があります。「最後までやり切った!」と言えるように、試験を受けるその時まで全力で走り抜けてください!

閉じる

サイフロ附属中合格者インタビュー

【横浜市立茅ヶ崎小学校】山岸 莉奈さん 

Q.苦労したことと、乗り越えた方法について教えてください。

A.宿題が多くて、終わらせるのが大変でした。最初はなかなかできなかったけれど、毎日少しずつ時間を作って宿題をやるようにしました。小テストに向けて終わらせるように頑張りました。作文も最初は制限時間内には終わることが少なかったけれど、秋ぐらいから毎日最低一つは必ず書くようにしたら、段々できるようになりました。

Q.受験期を振り返ってみてどうだったか教えてください。

A.平日のセンター南教室は、クラスのみんながにぎやかで楽しかったです。夏ゼミは一日中勉強で疲れたけど、思っていたよりも授業も先生たちも面白かったです。GUP(合格力アップ特別講座)はクラス分けが毎回ドキドキしたけど、自分がどのクラスになるのか楽しみでした。すぐに模試の解き直しができたので、記憶が新しいうちにできて良かったです。やることが多くて大変だったけど、楽しく勉強できました。

閉じる

【横浜市立篠原小学校】Y.O.さん 

Q.苦労したことと、乗り越えた方法について教えてください。

A.作文の(意見文・要約文)の書き方が全くわからなかったことです。始めたばかりの頃は全く作文の書き方がわからず、添削でも酷い点数をつけられましたが、授業内でたくさん作文を書いたり、テキストの解答例を見て、それと同じような作文の形式で書けるようにしました。作文の添削の結果からどのようなことを書いたらよかったのかを確認したりすることで乗り越えました。

Q.後輩に向けてアドバイスをお願いします。

A.最初の頃は全然出来ないことがたくさんあるかもしれないですが、湘ゼミに通っているうちにだんだんわかってくるので、不安にならずに頑張ってください。

閉じる

川崎附中合格者インタビュー

【川崎市立渡田小学校】A.S.さん 

Q.湘南ゼミナールでの思い出や体験談、効果的だった講座や授業などを教えてください。

A.私は初めて受けた模試が今まで受けた模試で一番良い成績でした。しかし、その次に受けた模試が今までで一番悪い成績でした。同じ模試を受けた友達は成績や偏差値が上がっているのに、私だけ成績が下がっていてとても悔しくて、何回もやり直しをしました。すると、少しずつ成績が上がってきて、授業でも以前はわからなかったところもわかるようになりました。

Q.後輩に向けてアドバイスをお願いします。

A.学校でわからないところをそのままにするのではなく、塾の先生たちに聞く事で、塾での授業も理解しやすくなります。

閉じる

県立平塚中等教育学校合格者インタビュー

【茅ヶ崎市立浜須賀中学校】N.M.さん 

Q.苦労したことと、乗り越えた方法について教えてください。

A.宿題が想像以上に多かったことです。遊ぶ時間を減らして、勉強時間を増やしました。慣れないうちは泣きながらやっていましたが、学習計画表を書いてみたら、やるべきことの優先順位が見えてきて、時間配分もわかりました。

Q.後輩に向けてアドバイスをお願いします。

A.先生の言うことは本当に聞いたほうが良いです。できた問題に◯、できない問題に✖︎、根拠があやしい問題は△という風にテキストに印をつけることを先生から教えられると思いますが、僕は全部やらなくて、後々苦労しました。あとは、受検まであと何日かを、毎日明確にしたほうが良いと思います。

閉じる

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京
  • 横浜翠嵐Vコース

難関高校受験

  • 難関高受験コース
  • 横浜翠嵐Vコース

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン