TOP > 湘南ゼミナールについて > QE Lab
QE Lab QE Lab

湘南ゼミナールでは世界中の研究者をパートナーに迎え、授業手法、特に湘ゼミオリジナル指導法である「QE授業」の有効性を検証するためのデータ収集を行っています。有効性や効果を表す要素にどのようなものがあるか、その一部を紹介します。

Shonan Seminar (SHO-zemi) has been working in partnership with researchers around the globe to collect data and understand the effectiveness of SHO-zemi’s educational practices, with a focus on our QE offerings. We have identified a number of evidence-based practices which support our approach.

Growth Mindset and Self-Efficacy

※自己効力感:自分がある状況下において、必要な行動を遂行できるかという可能性の認知

スタンフォード大学のキャロル・ドウェック教授は、生徒が自らの能力を信じて努力する重要性を説いています。一般的に、学業の成績は先天的な知能に委ねられる部分が大きいと考えられがちです。しかし、ドウェック教授は、自らの努力で成功体験を重ねることと、生徒自身が伸びると信じることで、より良い成果が出せると主張しています。生徒が「努力したら成功できる」と信じて行動すると、成績向上などの「成長」が生まれるのです。 湘ゼミでは、絶えず自身の能力を信じるように働きかけ、成長の機会を絶えず生徒に提供しています。

Stanford University professor Carol Dweck has demonstrated the importance of student's beliefs about their own abilities and the power of hard work. It is a common belief that one's academic success will be limited by one's own intelligence. Prof. Dweck has demonstrated, however, that students do better when they believe that success can be achieved through their own efforts and that all students can grow. SHO-zemi teachers continually motivate students to believe in their abilities and provide in-class opportunities for students to witness their own improvement.

Dweck, Carol S. Mindset: The New Psychology of Success. 1 edition. New York: Random House, 2006.

Goal Setting

私たちは、現在よりも成長したいと願っています。これまでの研究結果に基づくと、人間は漠然とした抽象的なゴールを設定しがちです。「カッコ良くなりたい」や、「勉強ができるようになりたい」が、その一例。しかし、ゴールにたどり着くまでのプロセスを定めていなければ、なかなかゴールに近づくことはできません。「毎日1時間、家で勉強をする」というような具体的で達成可能な目標を設定することで、よりゴールへ到達する可能性が高まります。
湘ゼミでは、志望校に合格するまでの具体的なプロセスを定めるよう奨励しています。このような目標設定が、生徒一人ひとりの成功の可能性を高めてきました。

Whether to become more attractive or get better tests scores, we all want to change. Researchers have demonstrated, however, that individuals often maintain vague or abstract goals. Instead, setting a specific, achievable goal, such as "I will study one hour every day at home" makes one far more likely to achieve one's goals. At SHO-zemi, we encourage students to set specific goals, linked to getting into the school of their choice. This kind of goal setting has been shown to increase one's chances of success.

Locke, E. A, and G. P Latham. “Building a Practically Useful Theory of Goal Setting and Task Motivation: A 35-Year Odyssey.” American Psychologist 57, no. 9 (2002): 705–717.

Goal Visualization

スポーツ同様、学業においても成功を具体的にイメージする、可視化することは、成功のために何が本当に必要かを理解するうえでとても重要です。ゴルファーが完璧なショットを実現するためにボールの弾道をイメージするのと同様に、湘ゼミでは生徒に、志望校合格や入学した学校での楽しい生活をイメージすることを奨励しています。ゴールの可視化はモチベーション維持にも寄与し、達成可能な道の構想を可能とします。

In academics, as in sports, visualizing your success can be an important part to maintaining motivation and understanding what is truly needed to succeed. Just as a golfer might visualize the path of the ball to a perfect hole-in-one, we encourage our students to imagine themselves achieving their academic goals and enjoying a life at the school of their choice. Positive goal visualization can help students plot a realistic and achievable path towards their dreams.

Bandura, A. “Human Agency in Social Cognitive Theory.” American Psychologist 44, no. 9 (1989): 1175–1184.

Ongoing Review, Feedback and Encouragement

湘ゼミの生徒は少なくとも月に一度はテスト受け、振り返りを行い、目標達成にどのくらい近づいているのかを確かめています。テストは、公平で平等な尺度から、自分の進捗を把握できる機会です。勉強の成果を、自分も先生もクラスメイトも把握できると同時に、有効なフィードバックを得る機会でもあります。
このように頻繁なフィードバックや、先生やクラスメートからの激励や励ましは、生徒が自分の実態を絶えず意識し、高いモチベーションを保ちながら順調に勉強を進められることにつながっています。

Students in QE classes take a review quiz at least once a month, allowing them to chart how close they are to achieving their academic goals. These scores provide a concrete way for students to measure their progress, and also provide a supportive social context where one's friends and teachers can also see how they are doing. This kind of regular feedback helps students stay on track – remaining mindful of how they are doing, staying motivated, and getting the encouragement they need from friends and teachers.

Prochaska, James, and Carlo DiClemente. “Toward a Comprehensive Model of Change.” In Treating Addictive Behaviors, edited by William R. Miller and Nick Heather. Plenum Publishing, 1986.

What our partner says about us

QE授業、及び指導技術のデータ主導による分析や、科学的エビデンスに基づき生徒さんの学力向上へ積極的に取り組む湘南ゼミナールの研究活動を応援しています。向上し続けることに強くこだわる湘南ゼミナールの先生たちは、生徒さんの成功を支えるための認知的・感情的要因を理解する上で、素晴らしいパートナーです!

I support SHO-zemi's actively-engaged research initiatives, powered by the data-driven analysis of QE (Quick Exercise), teaching skills and eagerness to improve the ability of each individual student's knowledge acquisition utilizing scientific evidence. SHO-zemi teachers' intense focus on continuous improvement means they are great partners in understanding the cognitive and emotional factors supporting student success!

Dav Clark, Ph.D.

Research Scientist, Kennedy Krieger Institute

公立高校受験
  • 総合進学コース 神奈川
  • 総合進学コース 埼玉
  • 総合進学コース 千葉
  • 総合進学コース 東京
難関国私立高校受験
  • shozemi アルファ
中学受験
  • 公立中高一貫校対策講座
大学受験
  • shozemi 大学進学館
  • 河合塾マナビス
個別指導
  • 個別指導 スタディ・ナビ
  • 湘南ゼミナール・プラス
  • 個別指導なら森塾
早期教育
  • レプトン
  • アルゴクラブ
採用情報
  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用