TOP > 新着情報 > 2022年 > 【小中部】新小学5年生(現小4)・6年生(現小5)「2023年2月授業内容のご案内」

新着情報

【小中部】新小学5年生(現小4)・6年生(現小5)「2023年2月授業内容のご案内」

湘南ゼミナール小中部より、小学生向けコースの取り組みや毎月の授業内容などをご紹介いたします。
小学部は、2023年2月より新学年カリキュラムがスタートします。
※新小学4年生(神奈川県)は春期講習開講となります。
今回は、2023年2月の新小学5年生(現小4)・6年生(現小5)クラスで扱う、各科目の授業内容をお届けします。

新小学5・6年生(現小学4・5年生)

小学生パワーアップ特訓

小学部では、小学生パワーアップ特訓を実施しております。
勉強のスケジュールの立て方・宿題のやり方・小テスト勉強の仕方など、学力向上に必要となる要素を身に付けていきます。今年度は、毎月「振り返りの仕方」を学ぶことで、新学習指導要領で必要となる「振り返り」の力を身に付けていきます。

2月のテーマ:授業の受け方を学ぼう

湘ゼミの学力を伸ばすための「授業」「宿題」「小テスト」というサイクルのうち、今回は「授業」に焦点をあてます。先生の話の聴き方、メモの仕方など、学力向上につながる「授業の受け方」を身に付けます。これらは、中学生の評価の重要な観点の一つである「主体的に学びに取り組む態度」にもつながります。

中学生も実践する勉強法を小学生のうちから身に付けていくことで、中学生のトップランナーへとつながる勉強法を確立していきます。

小学生パワーアップ特訓では、「できないこと」は学ぶためのチャンスと肯定的にとらえ、お子様の行動変化を促してまいります。お子様自身が「○○したい」と思うことを大切に、講師一同接してまいります。

【小学生パワーアップ特訓のダイジェストを見る】

新小学5年生(現小学4年生)

2月の授業

国語の授業では、指示語・接続語、送りがなと同音異義語・同訓異字を扱います。
指示語の内容や接続語をとらえ、文のすじみちである文脈をつかむ練習をしていきます。知識分野は「送りがな」と「同音異義語・同訓異字」を扱います。

算数の授業では、小数のかけ算・わり算について学習していきます。
小数点の位置取りに気を付けながら、正確に速く計算ができるようにすることが目標です。

英語のQEEP(小5英語)の授業では、オールイングリッシュ授業の受け方に慣れながら、「アルファベット」の大文字と小文字の読み方と書き方を学習していきます。
英語を勉強する上での基礎事項と、英語を発することの楽しさを一緒に学んでいきます。

新小学6年生(現小学5年生)

2月の授業

国語の授業では、合科目がスタートします。新しい時代に求められる「論理的思考力」「読み取り力」「表現力」などを高めていきます。
文章題では、物語・小説を扱います。場面分けや気持ちの変化や行動から共通してうかがえる、その人物の性格をまとめます。知識分野では「部首・画数」「漢字の音訓」「熟字訓」を扱います。

算数の授業では、分数のかけ算・わり算について学習します。
中学における計算力は、分数の計算で差がつくとも言えます。速く、正確に答えにたどり着くことができる計算力を身に付けましょう。そのためには、毎日の計算練習が大切です。

英語の「QEES(小6英語)」の授業では、「アルファベット」と「数字」の復習から始めます。
単語を聞き取り、正しいアルファベットと数字を書く練習やロールプレイでのやり取りを通して英語の熟語を学んでいきます。3週目からは、「序数」の学習をしていきます。

小学部では家庭学習の習慣化、そして基礎学力や思考力を付けていくことを目標とします。
小学生パワーアップ特訓では、正しい学習への取り組み方をお子様自身が理解し、楽しく学習習慣を継続できる姿勢を築くことで、成績向上へと繋げられるよう指導しております。
今後とも湘南ゼミナール小学部の授業にご期待ください。

湘南ゼミナール小中部が初めての方は、授業料無料でご体験いただけます。
\新学年スタートダッシュ応援キャンペーン!お問い合わせ・お申し込み受付中/
ぜひ資料請求よりお問合せください。

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京
  • 横浜翠嵐Vコース

難関高校受験

  • 難関高受験コース
  • 横浜翠嵐Vコース

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン