TOP > 新着情報 > 2021年 > 【小中部】小学4年~6年生「10月授業内容のご案内」

新着情報

【小中部】小学4年~6年生「10月授業内容のご案内」

2021.09.27

湘南ゼミナール小中部より、小学生向けコースの取り組みや毎月の授業内容などをご紹介いたします。
今回は、2021年10月の小学4年~6年生クラスで扱う、各科目の授業内容をお届けします。


小学4~6年生

小学生パワーアップ特訓

小学部では、今年2月より「小学生パワーアップ特訓」を実施しております。 当月に学んだ内容の理解・定着を深めていくことはもちろん、効率的な学習方法などを学ぶ「学習レクチャー」を行っております。

10月は「習慣を見直そう」というテーマを扱います。
習慣とは「長い間繰り返すうちに、そうするのがきまりになること」です。身近なことから習慣とはどのようなものであるかを理解し、勉強に関する習慣をふり返っていきます。今月は、以下の勉強に関する習慣が身についているかどうかをチェックします。

● 勉強しようと思ってから勉強するまでに時間がかかる。
● 時間を区切らずに勉強している。
● 間違えた問題をまた間違えることが多い。
● 覚えるのに時間がかかる。
● 必要なプリントやテキストを探すのに時間がかかる。

これらは、できるだけ改善したい習慣です。これらの習慣が身について勉強に支障をきたしている生徒さんの具体例を挙げ、「アドバイスをしようという」という形で改善案を考えていきます。このような形で考えながら、最終的に、自分自身に置き換えて改善案を決定していきます。

中学生も実践する勉強法を小学生のうちから身につけていくことで、中学生のトップランナーへとつながる勉強法を確立していきます。

小学生パワーアップ特訓では、「できないこと」は学ぶためのチャンスと肯定的にとらえ、お子さまの行動変化を促してまいります。お子さま自身が「○○したい」と思うことを大切に、講師一同接してまいります。

【小学生パワーアップ特訓のダイジェストを見る】

小学4年生

10月の授業

国語の授業では、太宰治の「走れメロス」を読み解きます。
「走れメロス」は中学2年生の教科書で扱われる単元ですが、スライドを使ってゆっくりと読み進め、文豪の世界観を味わっていきます。知識分野で扱うことわざは、中学生の定期テストでも出題される内容です。また、作文添削講座を通じて、表現力の向上を図ります。

算数の授業では、6月に学習した小数の復習を交えつつ「小数×整数」、「小数÷整数」といった小数のかけ算やわり算を学習します。
わり算では、7÷2=3.5 などのわり切る計算まで学習します。

小学5年生

10月の授業

国語の授業では、随筆、説明文を扱います。
随筆の読み取りでは、事実(体験)と意見(感想)を読み分けられるようにすることで、主題をつかめるようにします。
説明文では、その文章全体を通して筆者が一番言いたい要旨をつかめるようにします。知識分野で扱う「文節分け」は中1の定期試験に出題される必須内容です。

算数の授業では、割合について学習していきます。
割合について学習していきます。割合は、5年生の中ではもっとも難しいと言っても過言ではありません。基本的な内容から徐々に難しくしていき、何度も演習を繰り返すことで内容の定着を図ります。

英語の「QEEP(小5英語)」の授業では、「月」と「季節」について学びます。
1月にある元日(New Year's Day)から12月にあるクリスマス(Christmas)などのイベントの英単語を勉強します。 「When is New Year's Day?」の質問に対して「It is in January.」のように返答する練習もします。また、季節と気温の英単語についても学習し、アクティビティを行います。

小学6年生

10月の授業

国語の授業では、随筆を扱います。
随筆では、今までに学んだ「筆者の意見・感想」を見つけるところから一歩進んで、「主題」や「筆者の人物像」をつかみます。知識分野の接続語は文章読解の要となる単元で、そのはたらきを理解することで読解力が向上します。類義語・対義語は中学生になってからも大切な分野です。また、作文添削講座を通じて、表現力の向上を図ります。

算数の授業では、場合の数を学習します。
ひとつの物事に対し、何通りの考え方があるのかなどを調べていきます。調べ方をいくつか学習しますが、どの場合にどの調べ方を使うかがしっかりと判断できるように演習を重ねます。場合の数は、中2数学の確率の基礎となる大事な考えなので、時間をかけて学習していきます。

英語の「QEES(小6英語)」の授業では、「公園」、「週末」と「家事」について学びます。
公園での動作をベースに現在進行形「今○○をしています。」(○○ is ○○ing ....)の表現の仕方の練習をします。また、週末のテーマをベースに、自分がしたいことについて「~してもいいですか?」(Can I ... ? )と相手に許可を取る表現や、家事のテーマをベースに、「~してくれませんか?」(Can you ... ?)と相手にお願いをする表現について学習します。

小学部では家庭学習の習慣化、そして基礎学力や思考力をつけていくことを目標とします。
小学生パワーアップ特訓では、正しい学習への取り組み方をお子さま自身が理解し、楽しく学習習慣を継続できる姿勢を築くことで、成績向上へと繋げられるよう指導しております。
今後とも湘南ゼミナール小学部の授業にご期待ください。


湘南ゼミナール小中部が初めての方は、1カ月授業料無料でご体験いただけます。
ぜひ資料請求よりお問合せください。


公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン