TOP > 新着情報 > 2020年 > 小中部/小学4年~6年生「1月授業内容のご案内」

新着情報

小中部/小学4年~6年生「1月授業内容のご案内」

2020.12.30

湘南ゼミナール小中部より、小学生向けコースの取り組みや毎月の授業内容などをご紹介いたします。今回は、2020年冬期講習および2021年1月の小学4年~6年生クラスで扱う、各科目の授業内容をお届けします。

小学4年生

国語の授業では「説明文」を扱います。
話題・要点・要旨をおさえ、図解de国語を通して文の組み立てを確認します。知識分野では、自宅学習期間の復習を行います。また、作文授業では、記述力を高めるために、作文総まとめ、および添削された作文の二度書きの仕方を学びます。
算数の授業では、小学4年生のまとめの授業を行なっていきます。
生徒のみなさんの苦手単元を講師がいち早く発見し、繰り返しの学習で弱点強化にもつとめます。

小学5年生

国語の授業では、物語・説明文について総合的に扱い、筆者の伝えたい中心的なことがらや考えである「主題」を読み取っていきます。
知識分野では、自宅学習期間の復習を行います。作文授業では記述力高めるために、作文総まとめ及び添削された作文の二度書きを行います。
知識分野では、自宅学習期間の復習を行います。作文授業では記述力高めるために、作文総まとめ及び添削された作文の二度書きを行います。
算数の授業では冬期講習に続き、小学5年生の復習の授業を行なっていきます。
生徒のみなさんの苦手単元を講師がいち早く発見し、繰り返しの学習で弱点強化にもつとめます。

小学6年生

国語の授業では6年生のまとめとして、総合的に読解の復習をします。
今まで勉強した文章の読み方のポイントをしっかりと思い出し、文章読解に自信をつけましょう。知識分野では、中学校でも頻出の文法である助動詞を行います。作文授業では、中学に向けて記述力を養うのに必要な作文総復習および二度書きを行います。
算数の授業では、中学生準備講座として「割合の復習」を徹底して行います。
中学から始まる数学では、割合に関する問題の難易度が上がるため、まずは正しく文章を理解できる力が必要になります。様々な文章問題を解きながら、文章から式を立てる力を養います。
小学6年生は2月より中学生の内容を扱っていくことになります。中学生になって最初の定期試験で高得点・満点を獲得できることを目指し、準備を始めていきます。

湘南ゼミナール小学部では2月より学年更新し、新学期の学習がはじまります。
冬期講習および1月授業では、引き続き現学年の学習内容の定着と家庭学習の習慣化、そして基礎学力や思考力をつけていくことを目標に学習を進めていきます。

中学生のトップランナーを育てていけるよう、引き続き丁寧に指導してまいります。
今後とも湘南ゼミナール小学部の授業にご期待ください。

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン