TOP > 新着情報 > 2020年 > 小中部/小学4年~6年生「12月授業内容のご案内」

新着情報

小中部/小学4年~6年生「12月授業内容のご案内」

2020.11.16

湘南ゼミナール小中部より、小学生向けコースの取り組みや毎月の授業内容などをご紹介いたします。
今回は、2020年12月の小学4年~6年生クラスで扱う、各科目の授業内容をお届けします。

小学4年生/12月

国語の授業では、「物語/指示語/送りがな/漢字の音訓/作文」を扱います。
「物語」では、先月に引き続き、「主題」を扱います。
「心情」は、直接的な表現だけでなく、表情や行動、会話などたくさんの表現を用いて描かれているものなのだということを理解し、たくさんの表現を吸収していくことで、「主題」の把握へとつながります。

「指示語」は、文章読解において重要なポイントとなります。まずは簡単な短文から練習していくので探し方のコツをつかみましょう。

「漢字の音訓」は、小学生のうちにしっかりと意識をして覚えていかないと、中学生になってから非常に苦労する単元の一つです。漢字には音と訓とが存在し、その両方の読み方を意識しながら日ごろから漢字練習をしていくことで、自然と身についていきます。

算数の授業では、「和差算/分配算/倍数算」といった特殊算を扱います。
これらの単元を学習することで、比べる、違いを見つける、解決策を探すなど、様々な思考をすることになります。深く物事を見つめようとする姿勢を通し、今後の学力向上に繋げていきます。 最終週には、公立中高一貫校の出題例を元に、思考力を必要とする難問にチャレンジします。

小学5年生/12月

国語の授業では、「物語/論説文/漢字の読み/ことわざ/作文」を扱います。
「物語」では、「主題」を扱います。「心情」は、直接的な表現だけでなく、表情や行動、会話などたくさんの表現を用いて描かれているものなのだということを理解し、たくさんの表現を吸収していくことで、「主題」の把握へとつながります。

次学年へのステップアップとして、「論説文」は長めの文章読解を行っていきます。初めは抵抗があるかもしれませんが、これまでのテクニックを使いながら向き合っていくことで少しずつ慣れていきます。

「ことわざ」は、日常会話や作文などの中で活用すると豊かな表現ができるようになります。

算数では、「数量関係の調べ方/ともなって変わる量/図形の面積/約分・通分」を扱います。
12月前半から「数量関係の調べ方」の比例を中心に扱っていきます。また、様々な「ともなって変わる量」についても学習していきます。 後半からは5年生の復習として、「図形の面積」や「約分・通分」を学習します。

どれも中学数学に直結する単元なので、繰り返しの学習で理解を深めます。最終週には、公立中高一貫校の出題例を元に、思考力を必要とする難問にチャレンジします。

小学6年生/12月

国語の授業では、「物語/助詞/作文」を扱います。
「物語」では、中学生になる準備として長文を扱って、問題演習を行っていきます。

中学校の定期試験、入試問題では、小学校のテストと比べ物にならないぐらい文章量が増えます。少しずつ慣れるために準備を始めていきます。

「助詞」は、中学3年生で具体的に扱う、文法の中でも非常に難しい内容です。本格的な理解には時間がかかりますが、少しずつ「助詞」の意識を持つことで、作文の際などに役立ちます。

算数の授業では、今月から小学校内容の復習をしていきます。
中学数学でも重視される、図形、比、単位量あたりの大きさなどを学習します。
どれも中学に上がる前の大切な基礎知識なので、しっかりと定着させましょう。また、全国統一学力テストでよい結果が残せるよう、バランスよく学習を進めていくことが大切です。



小学部では家庭学習の習慣化、そして基礎学力や思考力をつけていくことを目標とします。 中学生のトップランナーを育てていけるよう、指導していきます。
今後とも湘南ゼミナール小学部の授業にご期待ください。

a

湘南ゼミナール小中部の体験授業へのご参加もお待ちしております。

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

早期教育

  • ロボ団
  • SMARTree

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン