TOP > 受験情報 > 受験コラム > 2018年 > 神奈川県立希望ヶ丘高校、東京都立立川高校、埼玉県立越谷北高校などがスーパーサイエンスハイスクールに指定されました

受験コラム

神奈川県立希望ヶ丘高校、東京都立立川高校、埼玉県立越谷北高校などがスーパーサイエンスハイスクールに指定されました

2018.04.19

平成30年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校

文部科学省では、将来の国際的な科学技術人材を育成することを目指し、理数系教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業を平成14年度から実施しています。

平成30年度基礎枠及び科学技術人材育成重点枠における審査の結果、

  • 神奈川県立希望ヶ丘高校
  • 東京都立立川高校
  • 埼玉県立越谷北高校

などが指定されました。

基礎枠の開発型とは? 実践型とは?

平成30年度基礎枠(指定期間5年:平成30~34年度)の中で、「新規性のあるカリキュラム等の研究開発を行うもの」として新規に指定されるのが開発型です。

対して、過去にも指定を受けている学校が、「今までに開発してきた教育課程等の実践的な研究開発を実施するもの」が実践型です。

開発型として指定された学校は?

  • 神奈川:希望ケ丘(公立)
  • 東京:立川(都立)豊島岡女子学園(私立)中央大学附属(私立
  • 埼玉:越谷北(公立)

など公立12校、私立3校の計15校です。

基礎枠の開発型とは? 実践型とは?

  • 東京: 玉川学園高等部・中学部(私立)
  • 千葉:芝浦工業大学柏(私立)

など国立1校、公立29校、私立4校の計34校です。

科学技術人材育成重点枠礎枠とは?

地域の中核拠点形成など、科学技術人材育成に係る重点的な取組を、SSH基礎枠と一体的な事業として推進するために設けたのが「科学技術人材育成重点枠」です。

SSH指定校に対して追加の支援を行うものとして

  • 千葉:千葉市立千葉高等学校(公立)

など国立1校、公立5校が指定されました。

<参考>神奈川県立希望ケ丘高校のSSH

  • 基礎枠内定校【開発型】
  • 期間:平成30(2018)年度~平成34(2022)年度※平成30(2018)年度予算成立を前提
  • 研究開発課題:新たな価値を創造できる人材を育成する課題研究を中心とした体系的な学びの研究開発

今後の進路選択で気をつけることは?

SSHに指定された学校が、完全な理系の学校になるわけではありません。

理系の学習に力を入れた結果、その高校の進学実績が大きく変化した事例もあります。

文系の生徒が国公立大学に必要な学習を最後まで続けることができたことが要因だと考えられます。

「わが校が今後どのように取り組んでいくのか」がそれぞれの学校で説明があるはずですので、説明会などでの情報収集冷静に判断することが必要です。

.......

発表URL
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/03/1402587.htm

資料1(平成30年度基礎枠内定校 及び 科学技術人材育成重点枠内定校)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/03/__icsFiles/afieldfile/2018/03/27/1402587_1_1.pdf

資料2(平成30年度基礎枠内定校 及び 科学技術人材育成重点枠内定校 研究開発課題)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/03/__icsFiles/afieldfile/2018/03/27/1402587_2_1.pdf

資料3(スーパーサイエンスハイスクール[SSH]支援事業)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/03/__icsFiles/afieldfile/2018/03/27/1402587_3_1.pdf

.......

公立高校受験
  • 総合進学コース 神奈川
  • 総合進学コース 埼玉
  • 総合進学コース 千葉
  • 総合進学コース 東京
難関国私立高校受験
  • shozemi アルファ
中学受験
  • 公立中高一貫校対策講座
大学受験
  • shozemi 大学進学館
  • 河合塾マナビス
個別指導
  • 個別指導 スタディ・ナビ
  • 湘南ゼミナール・プラス
  • 個別指導なら森塾
早期教育
  • レプトン
採用情報
  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用