TOP > 受験情報 > コラム > 2017年 > 【千葉】千葉県公立高校入試 2017年度の後期選抜の状況予想が発表されました

コラム

【千葉】千葉県公立高校入試 2017年度の後期選抜の状況予想が発表されました

2017.02.24

2月20日に、2017年度千葉県立高校入試の前期選抜の入学許可候補者内定数が発表されました。この結果から、後期選抜の状況を予想していきます。



前期選抜では、志願から当日までの欠席・辞退者はほとんど出ません。


前期選抜で全県倍率より大きく上回る人気校であった高校について、去年の傾向を考えてみると、(いずれも出願倍率で比較)となっています。


湘南ゼミナールの2017年度の後期選抜状況の倍率をまとめたグラフ

傾向

後期に向けて大きく倍率が下がりますが、それでも前期に人気だった高校は後期でも2倍近くの高倍率になる傾向が続いています。


分析

一方で、こんな見方もできます。千葉高校は、2016年の前期志願者は471名で、前期合格者が144名だったため、327名が不合格になっています。後期志願者は211名だったため、差し引き116名が志願先を変更していることになります。この差し引きで見ると、千葉、千葉東、船橋、小金あたりは100名近くが動く傾向にあります。一方佐倉や磯辺は大きく動きがありませんでした。第1~第3学区は交通の便も踏まえて変更の選択肢が多いことがあり、また中堅校になると、難易度の高い高校からの流入も出てくるため、数字上大きく動きにくい、ということが背景にあるといえます。


前期からの変動

最後に、昨年度前期から後期で志願者数が大きく動いた高校を紹介します。

船橋  (-173名)


◆千葉県教育委員会発表の、前期選抜入学許可候補内定者数の詳細ページはこちらから

公立高校受験

  • 小中部 神奈川
  • 小中部 埼玉
  • 小中部 千葉
  • 小中部 東京

難関国私立高校受験

  • shozemi アルファ

中学受験

  • 公立中高一貫校対策講座

大学受験

  • shozemi 高等部
  • 河合塾マナビス

個別指導

  • 個別指導 個別指導コース
  • 個別指導なら森塾

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用

障がい者雇用促進

  • 湘南ゼミナールオーシャン